コロナウイルスで変わる「飲み会」の形

新型コロナウイルスによって他者との距離を取ることが強いられる現在、飲み会の形も大きく変化しています。

飲み会と言えば「会社帰りに同僚と」「週末地元で集まって」と言うのが一般的だったかもしれません。
異性との飲み会となると幹事が居て合コン、友達の紹介、そんな形でしょうか。

今回クラスターが発生しやすいと言われたキャバクラやクラブとなると場所が用意され、そこで働く女性との飲み会?となります。

そんな中の自粛で居酒屋や夜間飲食店は苦戦しています。
結局のところ、飲み会で肝心なのは、物理的に誰かと一緒に居ることだからです。

オンラインで飲み会の約束をするサービスにしても最終目的は直接会う事なのです。

ピンチはチャンス、直接会う事が容易な時には全く気にも留めなかった地理的範囲外の人とのマッチング!
aimaならこれが可能になるのです。

現在aimaではユーザーが全国の人々とマッチングできるようにする「オンライン飲み会」の機能を展開しています。

メッセージをして約束を取り付けて、直接会う

この形が

メッセージをして約束を取り付けて、オンラインで会う

という新しい形に進化しています。

オンラインで会う事により移動時間が無く、マッチング相手に地域の制限が無く、余計な気遣いも無い、そんな飲み会の形が出来上がっています。

世間では「Web飲み」「zoom飲み」「skype飲み」と流行の兆しを見せていますが、知り合い同士、決められた相手との飲み会と言う点では新鮮さは無く、いつものメンバーとオンラインで飲むだけ…。
その他には新鮮な物を求めて「オンラインキャバクラ」も急激に増えています。

新型コロナウイルスは、デジタル時代の飲み会、ギャラ飲みの基本ルールだと考えられていたことでさえ覆して新しい流行を作り、今後のスタンダードになるかもしれません。

新型コロナウイルス終息までの長い期間に新しい飲み会の形を試してみては?